早漏の具体的な原因と対策法

早漏の原因には様々なものがあります。

 

  • 精神からくるもの
  • 身体からくるもの
  • 健康からくるもの
  • 生活サイクルからくるもの

 

その原因を探り当て、改善することが出来れば
もしかしたら早漏も治るかもしれません。

 

しかし、突発的なものでしたら治ることがあるかもしれませんが
慢性的な原因での早漏を治すのは少々困難です。
その場合はこのサイトの隅々まで読んでいただければと思います。

 

では、早漏になってしまう主な原因をご覧ください。


早漏マニュアルのレビュー公開中!

早漏の具体的な原因と対策法記事一覧

普段は全然早漏という感じもないし、女性経験だって全然あるし、今までもしっかり女性を満足させることができた。けれど、どうだろう。最近はどうも女性が満足してくれない・・・そもそも射精のタイミングまで我慢出来ない。そういう突発的な早漏にかかってしまう現代社会の男性も多いです。ストレスを抱え込むと遅漏になる...

あなたが童貞を捨てた日のことを思い出してみてください。人生始めてセックスをしたとき、とても興奮して緊張していませんでしたか?初めて見る女性の裸、おっぱい、そして膣。これから起こる出来事にすごく興奮していると同時に、すごく緊張していたと思います。けれど、結果といえばものの数分ですぐに射精してしまったと...

男性の性的興奮というものは「遺伝子を残す」というところからくるものです。したがって、性的興奮が増すにつれて遺伝子を残したいという性的欲求が膨れ上がるのですからより早く精子をだそうとするわけです。人間の本能と早漏とでは、まるっきり逆になってしまうのですが、ただ遺伝子を残すためでしたら、淡白なセックスだ...

これは、若ゆえの経験不足からくるものや、性欲も元気するぎるという意味の心因性な感じはなく、若さや元気すぎるがゆえに、皮膚が敏感な状態のため性器への刺激を過剰に感じてしまって起こるタイプのものです。過敏性早漏というものです。皮膚や粘膜の神経と、亀頭の感触神経がとても過敏な状態になっているのでちょっとの...

包皮にペニスが覆われた状態になっているので普段パンツのなかでおとなしくしているペニスも、包皮に覆われているので亀頭や亀頭頚(カリ首)とパンツとの摩擦がほとんどなく基本的に刺激を受けていないことになります。それでいざセックスをしようとすると、膣内とピストンの刺激に、過保護状態だったペニスが耐えれ無くな...

これは、あまり世間では言われていることではありませんが、私自身の経験上、これは間違いなくあります。私はお恥ずかしながら、10代の後半はほとんど毎日といっていいくらいオナニーをしていた青春の日々があります。男性の方だったら、オナニーが嫌いという人はいないでしょう。けど、この自慰行為のし過ぎが、早漏を引...