早漏には「SSRI」その効果や副作用について

 

SSRIというのは、1999年に解禁された抗うつ剤です。
これは、早漏に有効だとされるセルトラリンが含まれているため、
結果として早漏に対して有効な薬とされています。

 

本来は抗うつ剤なのですが、このセルトラリン
脳内の過剰興奮を押さえてくれるために
二次的な効果として早漏の治療にも有効だとされています。

 

そんな早漏患者にとっては夢の様な薬のようにも思えますが
実際はそういうわけではありません・・・

 

そもそも、これはあくまで抗うつ剤というれっきとした薬です。
ネットでは当然手に入れることも出来ませんし、
街の薬局で買えるものでもありません。

 

入手には精神科へ行く必要があるのです。

 

もうこれだけで、入手困難ということが分かっていただけると思います。

 

 

しかし、本当の問題はここからです。

 

 

早漏治療薬として有効なSSRIの副作用

 

あくまで薬ですから、当然のことながら副作用があります。
これは、実際に早漏改善のためとSSRIを服用してセックスに挑ん方の体験談なのですが、
まず、酷い倦怠感や眠気に襲われてとてもセックスに集中できるものではなかったこと。
なによりも、それに伴い、確かに早漏のにもかかわらず長時間の挿入は可能だったが
気持ちよくもなかったし楽しめなかった。

 

ということです。
確かに長時間のセックスは可能であったけど、楽しくもなければ気持ちよくもないというのは
灯台下暗しのような感じです。

 

さらに怖いことに副作用として
「性欲減退」というものがあるそうです。
この副作用があっても何のための早漏治療なのか意味がわからなくなります。

 

ほかにも副作用として

  • 眠気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 口の渇き
  • めまい
  • 睡眠障害
  • 奇妙な夢
  • 発汗
  • 視力変化

などが報告されています。

 

確かに早漏に有効な効果もあるみたいですが、

入手の難しさや副作用のことなどを考えるととてもオススメできたものではありません。

早漏マニュアルのレビュー公開中!

早漏には「SSRI」その効果や副作用について関連ページ

レビトラ
世の中の様々な早漏治療薬についてです。
トノス
トノスという早漏治療薬についてです。
ヒアルロン酸注射
世の中の様々な早漏治療薬についてです。